お知らせ情報 コラム

災害時に命を救う衛星電話の選び方を5つに分けて丁寧に解説!

衛星電話の基本から応用まで:完全ガイド

1.衛星電話の基本

1.1. 衛星電話とは何か(定義と概念)

衛星電話は、地球の軌道にある人工衛星を利用して通信する電話システムです。

地上の基地局ではなく、宇宙にある衛星を通信の中継点として使用します。

これにより、地球のどの地域でも通信が可能になるため、衛星電話は、山岳地帯や海上、災害時など通常の携帯電話の電波が届かない場所で特に役立ちます。

この汎用性の高さが衛星電話の主な特徴であり、携帯電話や無線機との大きな違いで需要が高まっている理由です。

1.2. 衛星電話の仕組みと機能

衛星電話は、通信衛星を介して地球上の任意の場所と通信を行うことができます。

これは、衛星が高度約36,000kmの静止軌道に配置されており、大地域をカバーできるためです。

音声通話のほか、データ通信やSMSの送受信が可能で、緊急時のロケータ機能やGPS機能を備えたモデルもあります。

これらの機能は、通常の携帯電話ネットワークが利用できない状況での通信の確保に不可欠なものになります。

2. 衛星電話の利用方法と活用例

2.1. 衛星電話の使用方法と操作

衛星電話の操作は比較的簡単で、通常の携帯電話に似ています。

多くのモデルは直感的なメニュー構造を採用しており、特別な技術知識は必要ありません。

電源を入れ、衛星の信号を捕捉し、通話を開始するだけなので、非常時に素早く操作することができます。

2.2. 衛星電話の活用例(ビジネス、個人利用、災害時など)

衛星電話は、ビジネス、個人利用、災害時の通信手段として幅広く使用されています。

その理由として、使用するタイミングやエリアにおいて、信頼性の高い通信手段が必要不可欠だからです。

災害時には、通信インフラが破壊されることが多く携帯電話や無線機が全く使えなくなることが多いため、衛星電話は救助活動や緊急連絡に不可欠なのです。

そのため、多くの政府機関、救助団体、大企業、中小企業、病院、大学、漁業関係者などが続々と衛星電話を導入しています。

3. 衛星電話のメリットとデメリット

3.1. 衛星電話の利点と強み

衛星電話の主な利点は、世界中どこでも通信が可能で、地上の通信インフラに依存しないため、地理的な障害やインフラの不備に左右されません。

特に遠隔地や災害地域での通信において、この特性は非常に有効です。

このように、衛星電話は地球上のほぼすべての場所での通信が可能なので、ビジネス、個人利用、災害時の通信手段として幅広く使用されています。

3.2. 衛星電話の制限と注意点

衛星電話の主な制限は、コストと端末のサイズです。

衛星電話は通常の携帯電話に比べて高価であるものが多く、一部のモデルは大きく重いため持ち運びに不便なことがあります。

例えば、ドコモの衛星電話、“ワイドスター2”のサイズは、196mm × 180mm × 39mmで、重量は1300g、最新の“ワイドスター3”のサイズも、198mm×横 約178mm×厚さ 約49mmで、重量は1,163gと、どちらも持ち運ぶことは困難なサイズです。

また、ワイドスターの価格はどちらも30万円前後で販売されています。

これらの点を理解し、適切な使用状況を選ぶことが重要ですが、最近話題になっている、“スラーヤのXT-LITE”のサイズは、128mm x 53mm x 27 mm、重量が186gという気軽に持ち運びできるうえ、価格も6万円台という端末が販売されているため、その問題も解消され始めています。

4. 衛星電話の種類と選び方

4.1. 現在市場にある主な衛星電話の種類

現在、市場には様々な種類の衛星電話が存在し、それらは、価格、サイズ、重量、機能、耐久性などそれぞれが違いがあります。

例えば、Thuraya(スラーヤ)、Inmarsat(インマルサット)、Iridium(イリジウム)、NTTドコモなどが主要な衛星電話プロバイダです。

これらの違いを理解し、使用する目的に合った衛星電話を選択することがとても大切です。

4.2. 使用目的に応じた衛星電話の選び方

衛星電話の選択は、使用目的に基づいて行うべきです。

例えば、災害対応には耐久性の高く、操作が直感的で誰もが使えるようなモデルを選択しておくことが重要です。

登山やキャンプなどのレジャー目的では、軽量でコンパクトなモデルが適しています。

といったように、使用状況に応じて最適なモデルを選択することが重要です。

5. 衛星電話の料金とプラン

5.1. 衛星電話の料金体系と基本料金

衛星電話の料金体系は、使用するサービスとプランによって異なります。

一般的に、通話料金は通常の携帯電話よりも高く設定されていて、基本料金は月額数千円から数万円程度で、通話時間やデータ通信量に応じて追加料金が発生します。

これらの料金体系を理解し、予算に応じたプランを選択することが重要です。

5.2. 異なるプランとオプション

衛星電話には、様々なプランとオプションが用意されていて、通話時間やデータプラン、緊急時のサポートサービスなどが含まれています。

たとえば、ビジネスユーザー向けのプランでは、より多くのデータ容量や国際ローミングオプションが提供されることがあります。

状況に応じて、月額制のプランではなく、プリペイド式の衛星電話を選択しても良いかもしれません。

それぞれの使用目的に合わせて、最適なプランとオプションを選択することが大切です。

6. 衛星電話の将来性と新技術

6.1. 衛星電話技術の進展と新機能

衛星電話技術は継続的に進化しており、新しい機能が追加されています。

近年の技術革新により、衛星電話はより小型化され、機能が向上しています。

最新のモデルでは、高速データ通信や改善されたGPS機能、さらにはスマートフォンとの連携機能が実現されています。

これらの技術進展は、衛星電話をより便利で効率的な通信手段とすることの重要さを示しています。

6.2. 衛星電話市場の将来的な展望

衛星電話市場は今後も成長を続けると予想されています。

これは、BCP(事業継続計画)災害対策、軍事、レジヤー、遠隔地での作業など、多様な用途に対する需要の増加によるものです。

また、新しい衛星ネットワークの展開や低コスト化の動きも市場の成長を支えています。

これらの要因により、衛星電話はさらに多くの分野で活用されるようになると期待されています。

衛星電話についてよくわからない場合は相談してみることが大切

無料で防災アドバイザーがお答えします!

・衛星電話や無線機の違いや仕組み、必要性を知りたい。

・衛星電話のメーカー、機種などについて知りたい。

・災害時の通信の重要性を具体的に知りたい。

など、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

    必須 ご相談内容

    必須導入時期

    必須導入台数

    必須 使用目的

    必須法人/個人

    必須会社名/団体名

    任意部署名

    必須ご担当者/お名前

    任意住所

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容

    ご確認後チェックを入れて送信してください。

    -お知らせ情報, コラム